今すき家などは24時間営業やめてるとこ多いですよねー。


セブンイレブンなども深刻な人手不足に悩まされてます。



なんでもセブンイレブンは20人人がいないと24時間回すのはキツイという事実がビックリしました。




仮に大学生のアルバイトを20人引っ張ってこようとなった時メチャクチャ大変ですよね。


今日は人が今いなくて困っていて苦労されてるコンビニ業界を見て、


人が辞めていき求人を出さないで人件費を減らそうとした前の会社の事を書いて見ました。



僕の会社は基本的に10人いて一つの職場が成り立つシステムです。



しかし、9か8でも出来ないことはないです。


ひょっとしたら7でも可能なんです。



じゃあ、7人でやったほうが人件費も浮くし良いのでは?となります。



まあ、理論上そうなりますが、かなりキツくなります。

そこを6人で頑張る事になったお話です。



人手不足のまま続行するとどんな現象が起こるか自分の会社で起こった事があります。


人件費削減で経費を浮かそうとガンガン削った結果、結局会社がガタガタになった僕がいた会社のアホな実態をそのまま伝えます。

どんな現象が起きたか説明していきます。



愚痴、不満が半端じゃない。









これは、当たり前です。


今まで2人で一つの事をやっていたのに1人で一つの事をやらなければなりません。



しかも、もちろん給与もあがらない。


人間は自分にとってメリットがないと愚痴が出ます。



もちろん仕事効率も悪くなります。


社内の雰囲気が非常に悪くなります。


たまにケンカになったりします。


まあ、そーですよね(笑)




連鎖反応で辞める。









人がいない事が原因でキツくなって辞めるんじゃなく、社内の雰囲気にのせられて辞めていきます。



そうなるとより人数が減りより、仕事が大変になります。


これは、非常に不思議なんですが、麻雀に流れという言葉があるように、運気が良かったり、悪かったり、があるように


雰囲気が悪くなると人が去っていきます。


不思議な現象です。



社長が意味不明な精神論を言い出す。





何故か皆の気持ちを奮い立たせようと社長が、大騒ぎします。



社長はわかっているのです。皆が今の現状を不満に思っているのを。



しかし、社長はそこで優しい顔はしません。


何故か厳しい発言を言います。



そうすると皆が気合が入ると勘違いしてるのです。


どこの世界に仕事がキツくなり金も悪い状況で奮い立つアホがいるのでしょう?


表向き皆は真剣に聞いてるように見えますが、裏では余計怒ります。


もう、この辺で求人募集出しましょうよー(泣)



仕事が間に合わないと言ってサボる。






基本皆は楽したいので、絶対に達成しない雰囲気だと、仕事をやめてしまいます。


こうなると、かなりまずいです。



もう、仕事を達成しようなんて絶対に思ってません。


全部会社に丸投げして、俺たちは悪くないトークが始まります。


本当は終わる仕事もやりません。


ここまで、来ると残ってる社員は適当な仕事でいいので辞めません。


優秀な奴が去り、無能な社員が残る最悪の状態が始まってきます。


まともにやってる奴は馬鹿馬鹿しくなってくるのです。


もう誰も止められない状態です。




結局出費が高くつく。







仕事がクリア出来ないので基本的に派遣などの外注に頼らなければなりません。



そうする事により、より高いお金が発生します。


まあ、結局仕事には、適正人数というものがあり、それを削減した結果、以前より、コストがかかるという事になりました。


もし、少ない人数で仕事が出来たとしても、その状態はギリギリの状態なので、また、連鎖反応で社員がどんどん減っていくのです。


経営者はコスト削減を第一に考えなければ行けませんが、やはり、人を使う仕事において人を大事にしないと結局は損をしてしまうのです。



これは、僕が店を管理していて気づいた事を書いたものです。


人は物凄く大事なのです。


優秀な人がもし仮にいなくなっても今までと同じように会社は運営出来ます。


しかし、それは、全体のレベルが下がった中で仕事してるので、結局会社自体の能力が縮小しているのです。


それなので、会社は、人件費を減らすのはもちろん構わないのですが、適材適所の人物をしっかり置かないとボロボロになるとわかった出来事でした。


読んで頂いてありがとうございました。