ラーメン山岡家に行ってきました。

というより、出張に行くと近くにあるんでつい食べてしまうんですよ。

今日は何故山岡家を食べてしまうんのか?その中毒性を検証してみました。


とにかく店内が臭くて床が滑る。



店入るととにかく臭いです。

間違いなく油が原因です。ラーメン二郎や山岡家など中毒性のあるラーメン屋は油の量が半端ではないです。
研究所の博士の研究によると、コカインや、ヘロインなどのドラッグを使用するのと、ジャンクフードなど高カロリーは、どちら も同じように脳の快楽中枢を刺激し続け、そして最後には脳を破壊してしまうそうです。

ラーメン山岡家を今日も食べました。


ラーメンマニアでもある僕は山岡家は最近のラーメンの中で最も依存性が高いと思います。

たまにというより、週に1度は食べたくなります。数あるラーメン屋の中でかなり引きつけられる味です。

僕が頼むメニューはラーメン中盛りとライスのみ。


僕が頼むのはこれだけです。というより、この2品が最も中毒性が高いです。

油とごはんの組み合わせが依存度をより高める気がします。

味噌ラーメンなどももちろん美味しいですが依存度ではこの2品の取り合わせが最高です。

僕が山岡家の依存性で感じるところはやはり油と舌に残る味です。
そこを考えてみました。

                                     

なぜ油は中毒性が高いのか?

何故かというと人間が飢餓状態になると、カロリーの高いものを欲しがる傾向にあり、油はカロリーも高く脳の受容体に刺激を与えるそうです。

どんな食品も油を使わないと美味しく感じないように、油は人間の本能に訴えかける美味しさがあるようです。


美味しさの秘密は化学調味料がたくさん入ってるからでは?


もちろん化学調味料は山岡家に大量に入っています。

美味しんぼでもやってましたが、日本人は化学調味料に舌が慣らされていて化学調味料の味が旨い!と感じるようです。

化学調味料とは、要はグルタミン酸の味です。日本人は肉や魚の旨味より、グルタミン酸の味を求める傾向があるのです。山岡家の味は間違いなく大量の化学調味料です。


ラーメン山岡家はみんなで仲良く食べる食べ物ではない。


ラーメン山岡家では、カウンター席やテーブル席がありますが、会話を楽しんだりしてる人はあまりいません。

純粋に味を楽しむ人が多いです。又、ラーメンを作ってる人も、笑顔の接客などあまりなく、ただラーメンを出せばそれでいいというスタンスですね。

ラーメン二郎でもその傾向が強かったですが、味そのものが好きな人が多いです。

毎日山岡家に行くとどうなるのか?


高血圧と内臓脂肪がついて健康が確実に損なわれます。
ラーメンは安いし、旨いのでつい食べてしまうのですが確実に健康を損ないます。

特に肝機能がやられるのでラーメン大好きの生活の人は週1にするべきでしょう。

脂、塩分、高コレステロールとラーメンには、健康を害する成分の塊です。

なので、健康を考えるなら絶対に毎日食べるのは控えましょう?


家で山岡家の中毒性を楽しむのは可能なのか?


セブンイレブンの冷凍の味噌ラーメンがかなり、味が近い気がします。




僕の友達に教えてもらったのですが確かに味が似てるんですよね。

油の感じが非常に似てるんでもしよかったら山岡家に行くのが面倒だったら、作ってみてください。ニンニクを入れるとより味が近づきます。

結論として山岡家の中毒性の正体


ラーメン山岡家が美味しい原因は油、化学調味料が主な主成分です。

海原雄山はおよそ、テーブルからぶちまけるでしょう。


まさに日本の食文化の破壊作品がラーメン山岡家だとも言えます。


この味が旨いと思っている時点で既に僕の味覚は終わっています。

おそらく、この味は美味しいのではなく、麻薬やニコチンのような成分を油と化学調味料で同じような効果を出しているのです。


食べ物は美味しいという感覚が正しいのであって、中毒になるのは確実に食べ物の意味合いとしては間違ってると思います。

僕は週1で山岡家を利用してますが健康を考えて食べたいと思います。