営業で服装が大事だ!とかお客様に失礼な態度をとるな!など言われますがそこに間違った考え方で力を全力で入れてる方を見ますが訪問販売においての見た目と接客の見た目を誤解してる方が非常に多いです。
一体なんのことだ?と思うかもしれませんが説明していきます。

ていねいな接客の人が営業成績が良いわけではない。


僕は以前、スマホを契約しました。スマホの買い替えはとても面倒くさく皆安売りなどやりますが何が得なのかイマイチわかりません。しかし、ある時ふと立ち寄ったデパートに変なおっさんがスマホを売ってました。おっさんはなんだか怪しげな雰囲気でTシャツと短パンを履いた方でした。タメ語で話かけてきてなんだかムッとしました。しかし、何故か僕はそこで契約をしてしまいました。彼は携帯に関してものすごくわかりやすく説明してくれました。とにかくわかりやすいのです。
携帯を特にスマホを買うとき異常に時間がかかりますがその人はテキパキ早くてとても良かったです。
僕がそのおじさんを褒めたらやはり携帯セールスで上位の成績の方らしいです。


営業とは物を売る行為だということを忘れるな!



営業はお客を楽しませたり良い雰囲気を作る作業がメインではありません。お客に契約してもらえなければ何の意味もありません。その為によくお客さんに気に入られる服装だとか言葉使いはもちろん重要なツールなのですがお客に契約してもらうことが何よりも重要な事です。
おっさんも、ラフな格好なのですが、スーツだと硬くなり難しくなりがちなスマホの説明を簡単に説明してくれました。スーツだと難しく考えてしまってわかりづらかったかもしれません。


スーツって有効なの?もしくはその商品の制服とか。

最近はインターフォンのめまぐるしい進化で訪問した人の顔が見えてしまう。これは、賛否両論がある為どっちがいいとは言えないが個人的な僕の意見を言うと新規開拓をする時スーツだとあまり良くない気がする。
何故ならインターフォンでスーツ姿の人物が映るとドアオープンが困難になるからだ。

それなら私服でいいの?


私服だと近所の人かな?と思われたり警戒心が薄れる効果がある。
確かにドアオープンの確率が増える。がしかし、スーツとは職場で男の武器と呼ばれるようにスーツだとお客に与える説得力が違う。これは、販売戦略にもよるが商品をいかにいいものか説明するときはスーツが良いだろう。ただし、泣き落としやバイトの設定など親しみやすい人物を演出する時は私服が良いだろう。

服装は営業に重要なのは違いない、だが目的を忘れるな。


先ほどから何度も何度も伝えてるが僕たちは品物をお客に買ってもらうのが目的なのだ。それなので、お客に喜ばれる服装はいらないのだ。お客が契約する確率が高まる服装が大事なのだ。それなのであなたが商品の良さを真剣にわかってもらう営業ならスーツで説得力がある営業が良いのだ。


お客に失礼な態度でもいいの?

これはお客の感じ方である。例えばすごく怖い顔をした人が優しい言葉使いならそのギャップで営業を成功した人もたくさんいる。失礼というのは人により違くはっきり言うと怒らせて契約がもらえるなら怒らせた方が正解なのだ。それなので、僕はトーク内容がお客を傷つける内容でなければ契約してもらえるなら他の人が聞いてて強引でもいい加減でも良いと思う。


トークや服装に対して。



よく、マニュアルでこれが正しいというがはっきり言ってそんなものは守る必要がない。トーク内容や服装などもっと自由で良いのだ。ただ、マニュアル化する為に皆正しい格好で丁寧な接客みたいな事を想像してしまうので営業がおかしな事になってしまうのだ。僕は、スーツでも私服でもお客がどうやったら契約するのか?しか考えてない。
僕はちなみに半袖短パンで営業したこともある。何故なら都内のタワーマンション対策でスーツだと営業マンだとバレてしまう為にラフな格好だと突破出来るからだ。

スーツやトークは自分のキャラを考えて



基本自分のキャラにあってなければ営業はうまくいかない。外面と内面どちらもお客の購買意欲を刺激すれば良いのだ。その一点だけを考えて服やトークを選ぶべきだ。スマホを売ってた短パンのおっさんも意識してあの服装だったかはわからないがあの服装だったからスマホの説明が簡単に感じたのだ。それは確かだ。あと、彼は難しい言葉を一切入れなくわかりやすい言葉で説明していた。品物の良さが伝われば欲しくなるのは当然だ。営業とはそういうものだ。
みなさんも頑張ってください。