僕の会社の上司の虚言癖で困ってます。虚言癖の人が上の立場になると非常にややこしくなります。それが、例えば会社内において力のある立場に置かれたりすると部下は非常に大変です。今日は困った事を書きます。

まず、虚言癖って何?

虚言癖は嘘をついて自分を大きく見せようとする一種の病気だ。ハッタリ野郎とかは虚言癖の一種だと思う。これのやっかいなのは自分を大きく見せようとする為嘘ばかり言ってしまい何が本当なのかわからなくなってしまうのだ。


虚言癖は人に嫌われる。もしくは裏で馬鹿にされる。


当たり前ですがあまりにも皆の前で嘘をつくとバレます。僕の上司だったその男は自分が暴走族に入ってて凄く恐ろしい存在だったと皆に言ってました。しかし、彼の地元の人に聞くとそんな事は全くなくどちらかと言うと暗い奴だったと言う事だ。自分の力を誇示しようとするが皆にバレてしまっては意味がない。


キャラが言いづらい奴だと虚言癖はよりひどい事になる。


僕の上司は虚言癖だが一つ問題があり彼はキャラ的に言いづらい。例えば嘘を言ってもツッコメない奴だ。怖いと言うか面倒くさいのだ。そうすると誰も注意しないので彼は自分が言った事は相手に本当だと思われていると思っているのだ。そうすると誰も注意しないのでバンバン嘘をつきまくる。おそらく、嘘をついてることも本人はわからないくらい嘘をついている。




当たり前だがビジネスで嘘ばっかり言ったりいい加減な人というのは信用がなくなってくる。そんな人と仲良くなったりしたいと思わないだろう。また、虚言癖の人と飲んだりするとわかるだろうが嘘ばかりなので非常に面白くない。要は当たり前だが真実の話じゃなく嘘ばかりなので面白くないのだ。これは、虚言癖の人にみられる傾向の一つだ。


周りに嫌われてる事を恐れてると錯覚してしまう事も。



周りに例え嫌われても他の人の飲み会で物は言い様で嫌われてるのではなくビビってるというような話にすり替えたりする。これは、自分が嫌われてるという事を認めたくない為そういうふうな話にすり替えるのだ。そうすると、自分を否定されたくない為に次々とまた嘘をつく。これの恐ろしいのがそれを聞いた人が確認をとると事実と違っていて皆からの信頼をあらゆる方向から失うのだ。

虚言癖は友達がいない。

虚言癖の人は当たり前だが心を割って話さないので友達が極端に少ない。僕の上司の虚言癖の人が結婚式をやった時である。友達がいかにもたくさんいるようなふうな感じのイメージがあったが全くと言っていいほど友達がきてなかった。これほど友達が少ないのも珍しい気がした。うそばかりの人生は友達すら失わせるのだ。


虚言癖の上司と関わるとロクな事にならない。


例えば僕の上司がそうなんだが虚言癖の上司を持つとその上司は自分をよく見せる為に部下にミスを押し付けてくる。僕は本当に苦労した。その上司はまたそれより上の上司には自分のミスを部下のせいにしたりタチが悪い。本当に面倒くさい存在だ。そんなわけでそんな奴が上司になると離職率も半端じゃなく増える。それはそうだ。そんな奴の下で働くと手柄は独り占めされて悪い事は押し付けられるのだ。

虚言癖の上司はどうすればいいのか?


まず、虚言癖は治らないし、関わるとロクな事にならない。もし、あなたの上司がそうならばかなりやっかいな事になる。僕がとった対処法はほとんど関わらないようにする事だ。悲しいがそれしか対処法はない。また、その虚言癖の上司のやっかいなところは他人の成功を自分の手柄にしたり嘘を言って話をつくるのでその上の上司が優秀な人と思い込んでしまうのだ。やっかい極まりない。本当に酷かったら辞めるしかないが怖かったり言いづらい上司が虚言癖を持ってる場合はやっかい極まりないと思う。また、人のフリ見て我がフリ直せだがあなたが虚言癖だったりウソやハッタリを言う癖があるなら直す事が大事だ!